レディースフォーマルスーツは黒で冠婚葬祭を乗り切る

大人になったらまずは一着用意しよう

大人になって、社会人になったらまずはリクルートスーツの他にも通勤着としてスーツを用意しなければならない場面がきっとあるでしょう。カジュアルダウンした格好でも問題ないオフィスもありますが、例えば金融業などの固めのお仕事だったりすると、スーツ着用はある意味義務です。それとは別に、ロッカーに急な不幸にも対応出来る様に喪服を一着用意しておくのが、デキル女子の基本だとも言います。レディースの黒のフォーマルスーツを選べば、結婚式などお祝いの席でも対応する事が出来るレディースのフォーマルスーツとして、着回しども最強ですから、冠婚葬祭用として一度揃えてみるのがお勧めです。

年齢に応じてデザインを変えてみよう

とは言え、冠婚葬祭しか着ないと決めて、サイズ感さえ変わらなければ、半永久的に着まわせると言った問題でもないのが、フォーマルスーツです。基本的に黒で冠婚葬祭にしか着ない様な物であれば、オーソドックスなレディースデザインのタイプだったら、ずっと着られそうなイメージですが、黒って実はとても地味な色目な様に感じますが、全くその逆で、主張の強い色目でもあります。だからこそ年齢と共に、この色があまり似合わなくなってくるといった難点も出てきます。ですからフォーマルでも、年齢に応じて一度は買い替えが必要で、年代に応じたデザインの物を選ぶと言う事が大切です。

胸元のカッティングや素材などで演出を

とは言え似たような黒いフォーマルスーツのどの辺りに注目して、年齢にふさわしいスーツを見繕うべきか、迷う人も多いでしょう。ドレスなどもそうですが、熟女になっても露出が多いと、逆にそれはちょっと大胆すぎだったりします。スーツなども同様で、袖丈だったり胸元のカッティングだったり、若い頃に比べると、見えそうで見えないチラリズム的な奥ゆかしさがある方が、逆に品が出て好印象だったりします。素材なども若い頃は張りのあるパツンとした素材でも健康的に見えますが、年齢を増せば、二の腕などの腕周りの素材を、逆にシフォン素材だったりすると、二の腕カバーにもなりますし、体に馴染む薄い素材の為、腕を上げたり下げたりなどの、腕周りを動かしやすくて便利かもしれません。ツーピースよりドレス型になっていた方が、腕の露出も妨げる事が出来ますし、真夏以外のスリーシーズンは着続ける事が出来ますから、ボレル風になっていて、実はワンピースなんかがオススメかも知れません。